『LDL』『生活習慣病』『肥満』『美容』の悩みを解決するクリニック

診療予約
LINE予約
お問い合わせ
お問い合わせ
アクセス

脂肪酸分画検査

脂肪酸分画検査は、食生活の変遷を背景に血中必須脂肪酸の構成割合が変化し動脈硬化性疾患の原因となることが増えてきました。一般的に、アラキドン酸(AA)は動脈硬化を促進、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は抑制するといわれています。脂肪酸分画検査では、EPA/AA比に加え、新たにDHA/AA比、(EPA+DHA)/AA比をを確認します。これらの値が低い場合、動脈硬化性疾患の発症リスクが高くなる可能性があることから、心筋梗塞などの冠動脈疾患や脳卒中のリスク等、病態把握や経時的変化の指標としてできます。

LDLコレステロール外来

動脈硬化の原因となる『酸化』LDLコレステロールを抑制するため、LDLコレステロールの値も下げつつ、中性脂肪・HDLコレステロールの値にも有効な治療を提供しています。

PAGE TOP